×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





「マオ(上)(下)」を読む


著者: ユン・チアン & ジョン・ハリティ
出版社:講談社

毛沢東の知られざる伝記の上巻。
全てが真実とすれば、想像の遙か斜め上を行くとんでもない有史以来最狂の極悪人以外の何者でもないだろう。中国人だったら吐き気すらもよおすのではないか? ただわかっているのは建国以来、中国共産というのは自国の国民を数百万単位で殺害し、チベットや東トルキスタンを侵略した上に先住民族を虐殺した上に強制同化政策をし、ってこの辺は後篇で出て来るのだろうか。
ただこの本の全てを信ずることは出来ない。なにせ張作霖爆殺事件がロシア陰謀説とかとんでも説なのに、絶対正しいというような書き方してるからだ。
(2008年2月記す)


近現代書の所見トップへ