×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





「一度も植民地になったことがない日本」を読む


著者:デュラン・れい子
出版社:講談社-α新書

スウェーデン人と結婚し、芸術紹介などの仕事で蘭や仏など欧州中で活躍する著者によるヨーロッパ人から見た日本人感を生きた経験から紹介する。個人的には日本赤軍などから日本、そして独伊ではテロが多いというTV番組の存在にはびっくり。
(2007年10月記す)


近現代書の所見トップへ